カンボジアから技能実習生を受け入れるには

カンボジアから技能実習生を受け入れるには

カンボジアから技能実習生を受け入れるには

企業がカンボジアから外国人技能実習生を受け入れるには、企業が単独で行う場合と監理団体を通す場合があります。

監理団体は実習生たちを受け入れた企業が適正に技能実習を行っていることを確認し、必要な場合には指導を行います。


企業が単独で受け入れを行う場合には、監理団体が担う役割も自ら果たす必要があります。そのため実習生の選抜からビザの手配、帰国のための旅費の確保などを自ら行います。

一般的には監理団体を通して受入れが行われており、企業は技能実習に専念することができます。現地で実習生を募集するのは送り出し機関です。送り出し機関は原則として現地の政府から許可を得て活動しています。
監理団体が現地の若者を受け入れる場合には、認定送り出し機関と契約するのが一般的です。

様々な職業技術を習得するために来日した若者たちは、1年経過時に基礎的な技術試験を受験します。

カンボジアの実習生が話題になっています。

試験に合格すれば滞在期間が2年間延長されます。最初の1年間は技能を習得するための期間ですがカンボジアの若者たちは優秀で習得も早く、企業は戦力として期待できます。



技術試験に合格後の2年間は技能の習熟を図るための期間です。

企業はカンボジアから若者たちを受け入れることで、国際貢献ができるだけでなく、雇用の安定化を図ることができるというメリットがあります。また実習生を受け入れることで現地雇用のノウハウも習得できるため、カンボジアへの進出を考える場合にも有効です。



  • 教育について情報

    • カンボジアの人々は日本に対して良い感情を抱いている人が多く、若者たちも仕事に対するモチベーションに溢れています。また同国から外個人技能実習生として来日する若者は、現地の送り出し機関によって選抜された優秀な人材です。...

      detail
  • 知識を増やす

    • 近年、日本では工場などを中心にカンボジアの実習生を見かけることが多くなりました。カンボジアの実習生は、個人でカンボジアからくるわけではなく、日本で実習生を受け入れて、現地から送られてきた実習生を人材派遣の会社を通じて各工場などに配置されています。...

      detail
  • 人に言いたい教育

    • カンボジアからは多くの外国人技能実習生が訪れています。同国と日本との結びつきは強く1990年代から多額の経済援助を行うだけでなく、地雷の撤去などの人的支援も行っています。...

      detail
  • 知りたい教育事情

    • 日本企業がカンボジアから研修生を受け入れるまでの流れについては大きく2種類に分類できます。まず企業が単独で研修生を受け入れる方法があります。...

      detail