カンボジアから技能実習生を受け入れるには

  • カンボジアからの技能実習生について

    • カンボジアからは多くの外国人技能実習生が訪れています。同国と日本との結びつきは強く1990年代から多額の経済援助を行うだけでなく、地雷の撤去などの人的支援も行っています。

      カンボジアの実習生情報探しにぴったりの情報を提供いたします。

      外国人技能実習制度は発展途上国の若者を受け入れて技能や知識を習得させ、祖国の発展に役立ててもらうための制度です。

      実習生は来日して1年が経過すると基礎的な技術試験を受験でき、合格すればさらに2年間企業の従業員として実習を行うことができます。

      最初の1年間は技能を習得することを目的としていますが、次の2年間は技能の習熟を目的とします。

      日本はこれまでカンボジアに対して多大な援助を行ってきたこともあり、同国の人々の対日感情は非常に良好です。


      多くの若者が実習生として日本を訪れています。


      日本側の企業もカンボジアなど外国人の若者を実習生として受け入れることで多くのメリットがあります。



      例えばカンボジアの若者は労働へのモチベーションが非常に高いため、活力があり戦力として期待できます。また国際貢献ができるだけでなく、現地に進出する際の現地雇用などのノウハウを得ることができます。さらに雇用の安定化にもつながります。カンボジアから実習生として来日する若者たちは、送り出し機関によって厳選された優秀な人材です。

      そのため仕事の習得も早く、業務効率の向上が期待できます。



      海外の若者を受け入れることで国際貢献ができるだけでなく、企業の経営にも多くのメリットがあります。