カンボジアから技能実習生を受け入れるには

  • カンボジアからの技能実習生の特徴について

    • カンボジアの人々は日本に対して良い感情を抱いている人が多く、若者たちも仕事に対するモチベーションに溢れています。

      また同国から外個人技能実習生として来日する若者は、現地の送り出し機関によって選抜された優秀な人材です。
      高い能力とモチベーションを有しているため、仕事を覚えるのも早く貴重な戦力として期待できます。
      同国はかつて内戦状態にありましたが、現在では民主政権が誕生し平和な時代となっています。

      日本は同国に対して多額の経済援助や地雷撤去など人的支援を行ってきました。

      カンボジアの実習生について詳しく知りたいならこちらです。

      カンボジアと日本の結びつきは非常に深く、人々の対日感情も良好です。

      日本企業の多くも現地に進出しています。
      外国人技能実習生を受け入れる企業は、国際貢献ができるだけでなく現地進出の際のノウハウも得ることができます。
      日本では少子高齢化が進み、人口は減少しつつあります。



      優秀な人材の確保は企業にとって重要な課題です。



      一方アジア諸国では人口が増加傾向にあり、経済の規模も拡大しています。


      アジア諸国への進出が、今後の日本企業にとって重要となります。外国人技能実習生を受け入れることで、人材の確保と海外進出の準備ができます。カンボジアの若者たちは非常に優秀で仕事に対する高いモチベーションを有しています。

      少子化と人口減少が続く日本では、海外から優秀な人材を受け入れる必要があります。


      外国人技能実習制度は送り出し国の経済発展に寄与するともに、日本企業の経営効率化にも役立ちます。