カンボジアから技能実習生を受け入れるには

  • カンボジアからの研修生受け入れの流れについて

    • 日本企業がカンボジアから研修生を受け入れるまでの流れについては大きく2種類に分類できます。まず企業が単独で研修生を受け入れる方法があります。
      この方法では企業自ら選抜を行い、ビザの手配や帰国時の旅費の確保などの業務を行います。

      一般的には監理団体と呼ばれる組合を通して研修生の受け入れが行われます。

      最高のカンボジアの研修生の検索がとっても楽になりました。

      監理団体は来日した研修生たちの監理を行うための組合です。


      企業が単独で受け入れを行う場合には様々な業務を自ら行うことになりますが、監理団体を通す場合には技能研修に専念できるというメリットがあります。

      監理団体は技能実習が適正に行われているかどうかの確認と指導を行います。

      研修生の受け入れ業務を行うことができる監理団体は商工会議所や中小企業団体、職業訓練法人などです。営利を目的とする場合には監理団体となることはできません。



      現地の若者たちは送り出し機関で選抜されて、監理団体を通して企業に紹介されます。送り出し機関は基本的にカンボジアなど現地の政府から認定を受けています。
      中には認定を受けていないものも存在しますが、認定送り出し機関の方が信頼性は高まります。


      カンボジアには多くの日本企業が進出しています。



      アジア諸国は人口増加と経済発展が著しい地域です。

      日本は少子高齢化と人口減少が続いており、経済規模も縮小すると予想されます。


      今後日本企業にとってカンボジアなどアジア諸国への進出は重要課題となります。海外の若者を受け入れることで国際貢献ができるだけでなく、現地へ進出する際のノウハウも取得できるというメリットが存在します。