カンボジアから技能実習生を受け入れるには

  • カンボジアの実習生の魅力とは何か

    • 近年、日本では工場などを中心にカンボジアの実習生を見かけることが多くなりました。


      カンボジアの実習生は、個人でカンボジアからくるわけではなく、日本で実習生を受け入れて、現地から送られてきた実習生を人材派遣の会社を通じて各工場などに配置されています。

      この段階で、数カ月間日本語学校に通わせて日本語の習得を指します。


      もちろん数カ月で日本語を話すことができるわけではありませんが、仕事に必要な日常的な会話はできるようにしておきます。

      カンボジアの実習生情報はこちらに集まります。

      またひらがなやカタカナなどを読み書きできるように指導しているのが特徴です。

      ただ、日本語が少しできたところで、すべての職業に就けるわけではありません。



      すでにコンピューターの技能などがあれば別ですが、特に目立った技能がない人であれば工場などに派遣されるのが一般的です。

      カンボジアは、日本に比べると発展途上国ですが、文化が違うものの、意欲のある若者が多い国でもあります。

      日本よりも仕事が少ないため、日本に出稼ぎをするため実習生として参加している人が多いです。


      また、アジアの中でリーダー的な存在である日本からさまざまのものを学ぼうと留学として来日する人も少なくありません。
      もともと、アジアの中でも親日的な国民ですので、受け入れやすいのが特徴です。



      日本の企業に送り出されたカンボジア人は、送り出し期間のサポートを受けて、仕事に必要な様々な知識を学んできます。


      3年間の時間の中で技能を習得した後は帰国をし、母国の発展に役立つような働きをすることが期待されます。